水商売の方は賃貸物件が借りづらい?その理由や入居審査の注意点を解説

水商売の方は賃貸物件が借りづらい?その理由や入居審査の注意点を解説

水商売の方が賃貸物件を借りる際、入居審査に通らないというケースがあります。
入居審査でチェックされるポイントはどういうものなのでしょうか。
そこで今回は、水商売を仕事としている方が賃貸物件を借りる際に注意したいことについて解説します。

水商売の方は賃貸物件を借りづらい?

水商売の方が賃貸物件を借りる際に直面する主な問題は、定期的で安定した収入証明が難しい点にあります。
多くの不動産会社や大家は、入居者の経済的安定性を重視し、定職に就いていることを好むため、不定期な収入や現金収入が主である水商売の方は審査で不利になりがちです。
また、過去に業界特有のトラブルがあった場合、それが原因で他の入居希望者と比べて不利に扱われることもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

水商売の方が賃貸物件の入居審査に通るコツ

水商売の方が賃貸物件の入居審査に通るためのコツには、収入証明の提出、正直な対応、適切な連帯保証人の選定が挙げられます。
収入が不安定であっても、しっかりとした収入証明を準備すること、信頼できる保証人を用意することが求められます。
収入証明としては、税金の納付証明や銀行の取引明細書などが有効です。
特に、安定した収入証明が審査において重要な要素となりますが、非正規雇用でも家賃を支払える収入があれば問題ないケースもあります。
連帯保証人は、収入が安定していて、入居者が支払い不能になった場合に家賃を支払う能力があることが必要です。
水商売で多い夜間中心の職業に就いている場合は、歓楽街の近辺で物件を探すなど、生活リズムが合いやすい地域選びもコツの一つです。
これらのポイントを抑えることで、水商売の方でも入居審査の通過率を高めることが可能になります。
よりスムーズに賃貸物件を借りることができるように入居審査の準備をしましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

水商売の方が賃貸物件を契約するときの注意点

水商売の方が賃貸物件を契約する際には、特有の注意点がいくつかあります。
まず、所得証明や職業に関する偏見に直面する可能性があるため、契約前には勤務先の情報を正直に申告することが重要です。
水商売の業界で働く方々は、実際の職業を隠し、異なる職業を偽装するためのアリバイ会社を利用することがあります。
アリバイ会社とは、賃貸物件の入居審査に通ることを目的として、勤務先や収入を偽装して審査時の在籍確認を対応する会社です。
賃貸物件のオーナーに虚偽の情報を渡すことになるためトラブルになりかねません。
結果的に良いことは起きないため、アリバイ会社の利用はしないようにしましょう。
また、賃貸物件を探す際には、業界に理解のある不動産会社を選ぶことが重要です。
これにより、トラブルを避けながら、スムーズに物件を見つけることができます。
トラブルを避けるためには、契約条件をしっかりと確認し、分からない点は事前に質問することが大切です。
周囲との良好な関係を築くためにも、職業を隠してしまうと後々トラブルの原因となることがあるため、正直かつ開かれた態度で関係を築くことが望ましいでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

水商売の方が賃貸物件を契約するときの注意点

まとめ

水商売を職業とする方は入居審査にて不利になることが多いです。
ただし、審査に通るために虚偽の情報を使うことはトラブルを避けるためにもやめましょう。
スムーズなお部屋探しをするためにも、弊社のような不動産会社に相談することをおすすめします。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。