ブラックリストでも賃貸は借りられる?審査に通りやすい物件の探し方を解説

ブラックリストでも賃貸は借りられる?審査に通りやすい物件の探し方を解説

賃貸物件を借りるときには、借りる人の信用情報や収入などがチェックされます。
過去に借金や滞納などのトラブルがあり「ブラックリスト」に入ってしまっている場合、賃貸物件を借りることは可能なのでしょうか?
この記事ではブラックリストとは何か、賃貸借契約への影響や入居審査が不安な方の物件の探し方について解説します。

賃貸物件を借りるうえで気になるブラックリストとは?

ブラックリストとは、信用情報機関に登録された借金や滞納などのネガティブな情報のことです。
リストといっても、実際に名簿やデータベースが存在しているわけではありません。
クレジットカードの支払いを滞納したり、過去に借金をしたことがあると、その情報が信用情報機関に登録されます。
ただしブラックリストに登録された情報は、一定期間を過ぎると削除されるため、未来永劫影響があるわけではありません。
ブラックリストの情報が保持されるのは内容にもよりますが、5年から10年が一般的です。
また「本人開示制度」というものを利用して、信用機関に開示請求をおこなうことで、自分がブラックリストに登録されているか確認することも出来ます。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

ブラックリストが賃貸借契約に与える影響とは?

一般的にブラックリストがあると、賃貸物件を借りることが難しくなるといわれています。
通常、賃貸物件へ入居する際には、家賃の支払い能力が問われます。
なぜなら家賃は不動産会社や大家さんの収入源であり、家賃の滞納によって損害が発生するリスクがあるからです。
そのためブラックリストがあると、不動産会社や大家さんから「家賃を滞納する可能性がある」と捉えられてしまい、入居審査で不利になる可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

ブラックリストがあっても借りられる賃貸物件の探し方とは?

ではブラックリストがある状態で賃貸物件を借りる場合、どのような賃貸物件を探したら入居審査に通りやすいのでしょうか?
一つ目の方法は、保証会社が不要または独立系の保証会社を利用している賃貸物件を選ぶことです。
保証会社が不要であれば過去の信用情報を確認されず、また独立系の保証会社は比較的審査が緩いので、入居審査に通りやすいでしょう。
二つ目の方法は、家賃が安い賃貸物件を選ぶことです。
家賃が安ければブラックリストがある方でも支払い能力があると判断されることが多いので、収入の3分の1を目安に家賃を抑えると良いでしょう。
三つ目の方法は、家賃の支払い方法がカード払いではない賃貸物件を選ぶことです。
ブラックリストがあるとまずクレジットカードの審査にも通らないので、銀行振込などに対応しているか、確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

ブラックリストがあっても借りられる賃貸物件の探し方とは?

まとめ

ブラックリストとは、借金やクレジットカードの滞納などをした際に、信用情報機関に登録されるネガティブな情報のことです。
ブラックリストがあると、一般的には賃貸物件の入居審査で不利になりやすいといわれています。
ただし保証会社が不要または独立系の保証会社を利用している賃貸物件や、家賃が安い賃貸物件はブラックリストがあっても審査に通りやすいので、ぜひ検討するようにしましょう。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。