猫が飼えない賃貸が多いのはなぜ?気になるその理由の画像

猫が飼えない賃貸が多いのはなぜ?気になるその理由

ノウハウ記事

高柳 悠

筆者 高柳 悠

不動産キャリア13年

猫はとても人気のペットで飼い始めたいと考えている人や既に飼育されている方も多いと思います。

いざ猫の飼育可能な物件を探すとその少なさに驚くでしょう。

今回は猫可物件が少ない理由や、探し方のコツについて解説します。


猫飼育可能な物件が少ない理由

近隣トラブルのリスクがあるため

・鳴き声や足音で騒音トラブルになってしまう可能性がある。

・高い所から飛び降りたりすることにより、下の階に音が響いてしまう。

 

通常より部屋の修繕が大変

・壁などを引っ搔いてしまうことがある。

※あまり引っ掻いたりしない猫ちゃんでも遊んでいて、壁や床が不意に傷ついてしまうことがある。

 

ニオイが部屋についてしまう可能性がある

・動物特有のにおいがついてしまうことがある。

・万が一、粗相をしてしまった場合、壁や床にニオイが残ってしまう可能性がある。

 

猫可物件の探し方

猫の飼育が可能か問い合わせる。

そもそも、猫だけ飼育できる物件というのは、ほとんどなく、基本的には小型犬のみか、小型犬か猫のいずれか1匹のみ飼育可能という物件が多いです。

なのでまず、ペット飼育可で物件を探してから、不動産屋に問い合わせてみると、猫が飼育できる物件もあるかもしれません。

 

不動産屋にピックアップしてもらう。

不動産屋に予め条件を伝えたうえで、猫の飼育可能な物件をピックアップしてもらうと効率よく探せるでしょう。

なかなか良い条件が見つからずヤキモキする時間を減らしましょう。



無断で飼育したら場合どうなるの?


強制退去を強いられることがある

ペット禁止の賃貸物件で、ペットを飼育することは契約違反にあたってしまいます。

猶予をあたえられず退去を強いられてしまうケースがあります。

 

退去後の現状回復費を請求されることがある

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインでも記載がありますが、

飼育ペットによる柱等のキズ・臭い(ペットによる柱、クロス等にキズが付いたり、臭いが付着している場合)」は「賃借人の負担となるもの」とされています。なので、ペットを無断で飼育していた場合でも同様に、原状回復費用を請求されるケースがあります。

 

契約違反による損害賠償

契約違反による損害賠償(違約金)を、修繕費に上乗せして請求される場合があります。規約や重要事項説明書に「無断でペットを飼育した場合には損害賠償(違約金)を請求する」という一文があれば、支払わなければならない可能性があります。

 

ペットを手放すか住み続けるかの2択を強いられる

ペットを手放すか退去するかの2択を求められることがあります。ただ一度飼育したペットは、家族のような存在になるため手放すことなど考えられないという方は多いかと思います。そうなれば、強制退去となってしまうかもしれません。

 

 

 

猫が飼育できる物件を探すことは大変かもしれませんが、近年ではペットブームの影響もあり、飼育できる物件も増えてきました。

ペット不可物件でこっそりペットを飼うとトラブルになり、皆様もペットも不幸になります。

安心して快適に過ごせるよう適切な物件を選びましょう。

”ノウハウ記事”おすすめ記事

  • 意外と知らない?賃貸物件のマンションとアパートの違いとは?の画像

    意外と知らない?賃貸物件のマンションとアパートの違いとは?

    ノウハウ記事

  • 選ぶと不幸になる?やめた方が良い物件【設備編】の画像

    選ぶと不幸になる?やめた方が良い物件【設備編】

    ノウハウ記事

  • 選ぶと不幸になる?やめた方が良い物件【間取り編】の画像

    選ぶと不幸になる?やめた方が良い物件【間取り編】

    ノウハウ記事

  • 浪速区に住んでみたら…!その住みやすさを徹底検証!の画像

    浪速区に住んでみたら…!その住みやすさを徹底検証!

    ノウハウ記事

  • 手取り10万円で一人暮らしできる?家賃や生活費をもとに解説の画像

    手取り10万円で一人暮らしできる?家賃や生活費をもとに解説

    ノウハウ記事

  • マンション 飼育に向いている人気の猫3選の画像

    マンション 飼育に向いている人気の猫3選

    ノウハウ記事

もっと見る