【5月1週目 編集中】「学生マンションはやめとけ」といわれる理由とは?メリットも解説

「学生マンションはやめとけ」といわれる理由とは?メリットも解説

お部屋探しをしている学生の方のなかには、アパートと学生マンションのどちらが良いかと悩んでいる方も多いです。
しかし「学生マンションはやめとけ」といわれ、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、学生マンションについてその概要や「やめとけ」といわれる理由、メリットを解説します。

学生マンションとは?

学生マンションとは、その名の通り「学生のみが入居できる」賃貸物件のことです。
遠方から通学することが難しい学生が多く利用しており、学生寮と異なって門限や規則などがない場合がほとんどです。
また、キッチンやバスルームなど、学生寮であれば共用になっていることが多い設備も部屋内に完備されています。
そのため、一定のプライバシーを守ることができます。
なお、「近辺の学校に通学すること」「卒業時には退去が必須なこと」などの条件により、入居制限を設けている物件があることには注意しておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

「やめとけ」といわれる理由

学生マンションはやめとけといわれる理由として、「住民のマナーが悪く騒音トラブルが起きやすい」ことがあります。
住民は若い学生のため社会的マナーを理解しておらず、友人と大騒ぎしたり楽器を演奏したりする音が騒音トラブルに繋がりやすいようです。
また「学生を狙った宗教勧誘やセールスが多い」ともいわれています。
「学生なら断りづらいだろう」と思われることで、宗教勧誘やセールスが多く、中には悪質業者もいるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

学生マンションに住むメリットについて

学生マンションには前述したような懸念点が多いのも事実ですが、以下のようなメリットもあります。

●セキュリティが高い
●合格発表前にお部屋のキープができる
●一般的な賃貸物件と比べて入居審査が緩い


学生マンションは防犯カメラやオートロックなどの防犯設備が充実しているうえ、管理人が常駐しているなどセキュリティ面が強固な場合が多いです。
また「合格前予約」を申し込むことで部屋をキープできたり、学生限定ということもあって入居審査が緩めなこともメリットとして挙げられるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

学生マンションに住むメリットについて

まとめ

学生マンションとは、近辺の学校に通学することなどを条件とした、学生のみが入居可能な賃貸物件のことです。
学生マンションはやめとけといわれる理由としては、騒音問題や学生狙いの宗教勧誘・セールスなどがあります。
一方で、セキュリティが高い物件も多いことや合格前に部屋のキープができること、比較的入居審査が緩いなどのメリットもあります。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。