【5月1週目 編集中】障がい者が賃貸物件を借りづらい理由とは?探す前の確認事項も解説

障がい者が賃貸物件を借りづらい理由とは?探す前の確認事項も解説

身体障がいや精神障がいを抱えている方で、賃貸物件を借りたいと考えることもあるかと思います。
しかし、賃貸物件の契約するにあたって、入居審査に通りにくくなるのではないかと不安に感じる方も多いようです。
そこで今回は、障がい者が賃貸物件を借りづらいとされる理由や、探す際に確認すべきこと、入居を支援する公的サービスについて解説します。

障がい者が賃貸物件を借りづらい理由

一般的に賃貸物件を契約する際には入居審査がおこなわれます。
入居審査では、収入などから家賃の支払い能力を判断する傾向にありますが、障がいを抱えている方はその特性も審査に影響を与えます。
また、大家さんによってはトラブルを懸念して入居を断るというケースも少なくないようです。
そのほかにも、バリアフリーが取り入れられるなどの配慮がされた物件自体が少ないことも、障がい者が賃貸物件を借りづらい理由のひとつといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

賃貸物件を探す際に確認すべきこととは?

障がいを抱えている方が賃貸物件を探す際には、「大家さんや不動産会社が障がい者への理解があるかどうか」を確認するようにしましょう。
国が定めた「障害者基本法」では誰もが支え合って暮らせる共生社会の実現が理念とされていますが、まだまだ浸透しきっておらず理解を得られないことも少なくありません。
また、移動をするうえで難しい部分がないかを確認することも大切で、車いすが必要な場合などはバリアフリー物件を優先的に探すのも一つの手だといえます。
ほかにも、補助犬が必要な方は、補助犬飼育可の物件があるかどうかを早めに確認しておく必要があるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

障がい者の賃貸物件入居を支援する公的サービスについて

前述したように、障がいを抱えている方が賃貸物件を借りるにはハードルがありますが、「居住サポート事業」を活用することで借りられる可能性が高くなります。
居住サポート事業とは、障がい者がアパートや借家を借りる際に支援を提供してくれる福祉サービスのことです。
サービスの主な内容としては、入居支援だけでなく緊急時に対応してくれる24時間支援や、関係機関とのサポート体制の調整があります。
サービスを利用できる期間や年齢の制限はありませんが、サービス利用のルールは市町村区によって異なりますので、確認してみると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

障がい者の賃貸物件入居を支援する公的サービスについて

まとめ

障がい者が賃貸物件を借りづらい理由としては、入居審査に通りづらいことや大家さんの理解が得られないこと、バリアフリー物件などが少ないことが挙げられます。
賃貸物件を探す際には、管理会社や大家さんに障がい者への理解があるか、移動をするうえで難しい部分がないか、補助犬の飼育は可能か、などを確認しましょう。
また、障がいを抱えている場合は、「居住サポート事業」を活用することで賃貸物件を借りられる可能性が上がるかもしれません。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。