【5月1週目 編集中】賃貸物件で名義変更が必要なケースとは?必要な書類についても解説

賃貸物件で名義変更が必要なケースとは?必要な書類についても解説

賃貸物件を借りているなかで、さまざまな理由で契約時の名義を変えたいという方も少なくないようです。
しかし「名義って簡単に変更できるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件での名義変更が必要なケースのほか、新規契約や再契約となる場合、必要な書類について解説します。

名義変更が必要なケースとは?

賃貸物件の「名義変更」とは、賃貸借契約書に記載した名義人の氏名を変更することを指します。
名義変更はただ契約書の名前を変えればいいというわけではなく、新しく名義を変える方は審査を受けなければなりません。
名義変更が必要になるケースは「結婚で苗字に変更があったとき」で、この場合は人物が変わるわけではないため審査は必要ありません。
そのほかにも、法人が事務所や営業所として部屋を借りており、法人名が変わった際にも名義変更が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

名義変更ではなく再契約・新規契約になる場面とは?

契約内容や契約状況によっては名義変更では対応できないケースもあり、「死別・離別によって記名していた契約者が住まなくなった場合」が挙げられます。
この場合は、配偶者などのそのまま住み続ける方に契約者が変わるため、再契約・新規契約を結ぶ必要があるため、その際審査も受け直しとなります。
また、法人や個人間で名義変更する際にも、再契約が必要です。
そのほかにも、ルームシェアや同棲で同居している契約者だけが退去する場合も、残る方が再契約する必要があり審査を受けなければなりません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

名義変更に必要な書類について

賃貸物件では名義変更だけで済む場合と再契約や新規契約が必要な場合において、必要となる書類が異なります。
名義変更の際に用意する書類として、運転免許証やマイナンバーカードなど「顔写真が付いた身分証明書と印鑑」が必要です。
一方、再契約や新規契約の際は、「顔写真が付いた身分証明書」に加えて「収入を証明する書類、住民票、印鑑と印鑑証明」が必要になります。
なお、契約者がこれまでと異なる際には再審査が必須となり、「収入を証明できる書類」、「住民票」などを準備しなければなりません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

名義変更に必要な書類について

まとめ

名義変更が必要なケースとしては、結婚で苗字に変更があった時や法人や事務所が部屋を借りている場合で法人名が変わったときなどが挙げられます。
死別・離別によって契約者が亡くなった場合やルームシェアなどで同居している契約者だけが退去する場合は、再契約・新規契約が必要で入居審査を受ける必要があります。
必要な書類は、身分証明書や印鑑、住民票などですが、名義変更のみで済む場合と再契約・新規契約が必要な場合とで異なるため、事前に調べておきましょう。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。