年齢別で見る!一人暮らしを始めるメリット・デメリットも解説の画像

年齢別で見る!一人暮らしを始めるメリット・デメリットも解説

年齢別で見る!一人暮らしを始めるメリット・デメリットも解説

一人暮らしを始めて自由な生活を送りたいと思われる方もいるでしょう。
逆に、自分にはまだ一人暮らしは早すぎると感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一人暮らしを始めるのに最適な年齢はあるのでしょうか。
そこで今回は、進学、就職した時期、20代後半、それぞれのタイミングで一人暮らしを始めるメリットについてご紹介します。

進学時期に初めて一人暮らしをするメリットとは?

進学を機に一人暮らしを始める場合はどうなのでしょうか?
このタイミングで一人暮らしを経験しておくことには大きなメリットがあります。
まず、自分の生活に責任を持たなければいけないので、お金の管理能力が身につきます。
自分で収入と支出を把握し、無駄遣いを減らす工夫をすることで、将来貯金や投資を考える際に大いに役立つはずです。
また、いつ家事をしていつ勉強するかなど、日常生活の時間配分を自分一人で決めなくてはいけません。
時間を効率的に使う能力も身につくでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

就職時期に初めて一人暮らしをするメリットとは?

就職を機に、親元を離れて独立する方も多いでしょう。
新社会人の一人暮らしは、平日は仕事があり、自炊や掃除洗濯などの家事も同時にこなさなければいけないというのは身体的にも大変です。
仕事や貯金、プライベートのバランスがなかなか取れずに苦しい時期でもあるでしょう。
ですがこのタイミングで慣れて、無理ない生活リズムを確立すれば、後々お給料が上がっていったときにどんどん楽になっていくはずです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

社会人から初めて一人暮らしをするメリットは?

20代までに初めての一人暮らしを経験している人が約85%となっています。
社会人が、初めての一人暮らしをする最後のチャンスといえるかもしれません。
このタイミングであれば仕事にも慣れ、収入も安定してきていることと思いますので、精神的な余裕も出てくるでしょう。
金銭的なゆとりがあれば、一人暮らしをする部屋も自分の好みに合わせて選べるでしょうし、住みたかった街に住めるかもしれません。
ただ、金銭感覚がつかめず、お金を使いすぎてしまうこともあるので注意です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

社会人から初めて一人暮らしをするメリットは?

まとめ

一人暮らしを始める年齢は、個人の状況や目的によって異なりますが、一般的には10代後半から20代前半が多いといわれています。
早い段階で一人暮らしを始めることにより、お金の管理能力や生活リズムが身につくことが期待できます。
仕事や収入も安定してきた20代後半から一人暮らしを始めると、金銭的にも精神的にもゆとりが出るでしょう。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。