賃貸物件で無許可の同棲がバレるとどうなる?審査が難しくなる理由も解説の画像

賃貸物件で無許可の同棲がバレるとどうなる?審査が難しくなる理由も解説

賃貸物件で無許可の同棲がバレるとどうなる?審査が難しくなる理由も解説

同棲を検討しているカップルは、賃貸物件の入居審査は通りにくいといわれています。
なぜ審査が難しくなるのか、無許可の同棲がバレるとどうなるのか、気になりますよね。
そこで今回は、カップルが入居審査を受ける場合のポイントと、無許可で同棲するリスクについて解説します。

同棲カップルの入居審査が厳しくなる理由とは?

第一に挙げられるのが家賃滞納リスクです。
1人で払いきれないような賃料の場合、喧嘩別れなどで一方が退去した場合、家賃滞納のリスクが高まります。
また、長く住んでくれないのではないかと心配する大家さんもいます。
これらの理由から、大家さんや不動産会社は同棲カップルに対して厳しい審査をおこなうことが多いです。
若いカップルは友人を自宅に招くことも多く、騒音トラブルになりやすいことを心配されるのも審査に通りにくいとされる要因です。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

無許可で同棲していることがバレるとどうなる?

まず、無許可の同棲がバレた場合、大家さんや不動産管理会社から厳重注意を受ける可能性が高いです。
特に一人暮らし用の賃貸物件の場合、契約書に同棲や同居についての規定が記載されていることが多く、無許可で同棲することは契約違反になりかねません。
無断の同棲がばれたらすぐ退去、ということにはならないでしょうが、まず違反行為の差し止めを要求されるでしょう。
それでも入居者が応じなかった場合は、解約や退去を求められることもあります。
そうならないためには、最初から大家さんや不動産管理会社に同棲や同居の可能性も伝えておくことが大切です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

同棲カップルが審査に通りやすくなるためのポイントとは?

まず、契約者本人の同棲相手を連帯保証人として立てる方法があります。
契約者と同棲相手がともに収入が安定している職についている場合、金銭的な意味で大家さんに安心してもらえます。
1人分の収入だけで払える家賃のお部屋を探すのもいい方法です。
家賃は契約者本人の手取りの3分の1以下に抑えることが目安です。
結婚を前提とした同棲であれば、続柄を「婚約者」と記入すると理解を得られやすいでしょう。
お部屋探しの段階で「ルームシェア可」の賃貸物件を探すのも良い方法です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

同棲カップルが審査に通りやすくなるためのポイントとは?

まとめ

家賃滞納や騒音トラブルのリスクを心配されて、同棲カップルは入居審査に通りにくいのが現状です。
無許可で同棲すると契約違反となり、退去させられる可能性があります。
審査に通りやすくするには、同棲相手を連帯保証人にする、「ルームシェア可」の賃貸物件を探すといった方法があります。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。