一人暮らし向け物件の間取りとは?1Kのメリットもご紹介!の画像

一人暮らし向け物件の間取りとは?1Kのメリットもご紹介!

一人暮らし向け物件の間取りとは?1Kのメリットもご紹介!

一人暮らしを始めるとき、どのような間取りのお部屋を選ぶのかは大きな悩みの一つです。
一人暮らしに人気の間取りは、やはりワンルームと1Kでしょう。
そこで今回は、ワンルームと1Kの違いと、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

ワンルームと1Kの違いは?

ワンルームと1Kは「キッチンとリビングの間にドアなどのしきりがあるかどうか」の違いです。
ワンルームはキッチンとリビングが仕切りなく一体となっています。
玄関ドアを開けたら、キッチン一体となった部屋と直接つながっていて、オープンな空間になっているのが特徴です。
対照的に、1Kはキッチンとリビングが仕切られており、リビングは独立した個室として使用できます。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

ワンルームのメリット

ワンルームは、シンプルなお部屋の作りをしているので、家賃が手ごろだというのが最大の特徴です。
限られた広さながらも、仕切りがないので開放感があります。
キッチンとリビングが同じ空間にあるので、エアコンが効いたキッチンで、テレビを見ながら料理することができます。
逆に言うと、キッチンとリビングが同じ空間にあるので、生ごみのにおいが気になることがありますのできちんと処理しましょう。
また、お部屋選びの際の広さの表記にも注意が必要です。
一般的に、ワンルームの広さの表記には廊下の広さも含んで記載されます。
実際にお部屋を見てみると、思っていたより狭かったということもありますので要注意です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

1Kのメリット

1Kは、キッチンとリビングの間にドアなどの仕切りがあるので、料理中のにおいがお部屋に漂ってくるということが軽減できます。
同様に、キッチンのごみのにおいもあまり気にならないでしょう。
玄関を開けた時にリビングが丸見えになるということもないので、配達物の受け取りの時に視線に気を遣うということもなくなります。
1Kですとリビングとバス・トイレの間に仕切りがあるので、来客時も気を遣わずに済みます。
ワンルームと比べるとメリットが多い分、少し家賃は高めに設定されていることが多いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

1Kのメリット

まとめ

ワンルームは、キッチンとリビングが仕切りなく、一つの空間になっている間取りです。
ワンルームの最大のメリットは、家賃が安いということです。
1Kは、キッチンとリビングの間に仕切りがあり、リビングが独立した空間になっています。
キッチンのにおいがリビングに流れてきにくい、玄関を開けた時に外から部屋の中が見えにくいというメリットがあります。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。