賃貸物件の入居審査とは?基準となる年収や落ちる理由を解説の画像

賃貸物件の入居審査とは?基準となる年収や落ちる理由を解説

賃貸物件の入居審査とは?基準となる年収や落ちる理由を解説

新生活のスタートに賃貸物件を借りようと考えるケースは多くあります。
しかし、賃貸物件は無条件で借りられるわけではなく、入居審査が存在する点には注意が必要です。
そこで今回は、賃貸物件の入居審査の概要、審査時に基準となる年収、落ちる理由を解説します。

賃貸物件の入居審査とは何か?

賃貸物件の入居審査とは、物件の借り手として問題ない人物であるかをチェックするための審査です。
入居の申し込み書類を提出後、3日~1週間程度の期間で審査がおこなわれます。
申し込み書類には、借り手となる契約者の氏名や勤務先などの情報、連帯保証人の情報などを記入するのが一般的です。
くわえて、身分証明書のコピーなどの提出も求められます。
これらの申し込み書類を審査し、借り手として問題ないかの判断が進められます。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約の保証人の条件や変更方法は?保証会社についても解説!

賃貸物件の入居審査で基準となる年収とは?

入居審査では、年収が重要な評価基準となります。
なぜなら、大家さんや管理会社は毎月の家賃をしっかりと支払える借り手と契約したいと考えるためです。
そのため、年収に対してあまりにも高い家賃の賃貸物件を借りようとすると、入居審査を通過しにくくなります。
一般的に、問題なく支払える家賃の金額とは月収の3分の1までといわれます。
たとえば、管理費を含めて家賃8万円の賃貸物件を借りたい場合は、月収24万円以上が必要となる計算です。
年収に置き換えると、288万円以上が基準といえます。
家賃10万円の賃貸物件であれば、月収30万円、年収に置き換えると360万円以上となります。
ただし、賃貸物件や不動産会社によって基準は異なり、月収の3分の1はあくまで目安です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去の流れとは?知っておきたいステップを3つご紹介!

賃貸物件の入居審査で落ちる理由とは?

賃貸物件の入居審査で落ちる理由として大きいのは、家賃滞納のリスクがあることです。
家賃に対する年収はもちろん、安定した仕事でなかったり勤続年数が短かったりすると入居審査で不利になるケースがあります。
また、クレジットカードの支払いを滞納しているなど借金がある状態も入居審査に落ちる理由です。
クレジットカードの滞納や自己破産などの履歴は、個人の信用情報に登録されているので、入居審査でもチェックされます。
さいごに気を付けなければならないのは、入居申し込みをおこなうなかでの身なりが落ちる理由になる可能性があることです。
身なりが悪いと「近隣トラブルを起こすような人物かもしれない」と入居審査でネガティブに働く印象に繋がります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に付いた跡はどうする?ケース別に原状回復義務を解説!

賃貸物件の入居審査で落ちる理由とは?

まとめ

賃貸物件の入居審査は、物件を借りる際に必要となる手続きで、借り手として問題ない人物であるかをチェックされる審査です。
安定した年収にくわえ、今回ご紹介した借金や身なりも基準となるケースがあるため、入居審査の際は注意しましょう。
浪速区の賃貸マンション探すならTSUBAKI不動産にお任せください。
当社は多彩な選択肢を提供し、幅広い年齢層のニーズに応えます。
まずは、お気軽にお問合せください。